サイトリニューアル(仮)しました! 9/14

[article] ジュノ “자백” 初リーディング現場公開 (和訳)

[article] ジュノ “자백” 初リーディング現場公開 (和訳)

イジュノ×ユジェミョン ‘자백(自白・告白)’、初台本リーディング現場…
名品ジャンル物がやってくる

tvNジャンルモノの興行系譜を継ぐ期待作‘자백’の台本リーディングが公開され期待感を高める。

tvN新土日ドラマ‘자백’(演出 キムチョルギュ/脚本 イムヒチョル/制作 スタジオドラゴン、エースファクトリー)は一度判決が確定した事件は再び裁くことのできない一事不再理の原則、その法の裏に隠れた真実を追う者達を描いた法廷捜査物だ。第1回カンヌ国際シリーズフェスティバルの公式コンペティション部門に進出し話題を集めた名品ドラマ‘마더(マザー)’を演出したキムチョルギュ監督の新作で、‘시그널(シグナル)’、‘비밀의 숲(秘密の森)’、‘크로스(クロス)’、‘무법 변호사(無法弁護士)’を継ぐtvN ウェルメイドジャンル物の神話を引き継ぐ物として期待が集まっている。

この中、‘자백(自白・告白)’の初台本リーディング現場が公開され注目を集めている。1月5日に行われた자백台本リーディングではキムチョルギュ監督と作家イムヒチョルをはじめ、主演のイジュノ(チェドヒョン役)、ユジェミョン(ギチュンホ役)、シンヒョンビン(ハユリ役)、ナムギエ(チン夫人役)だけでなくユンギョンホ(ホジェマン役)、リュギョンス(ハンジョング役)、イギョク(イヒョンジュン役)、ソンヨンチャン(オ会長役)、ユソンジュ(ローファーム代表役)、チョンヒテ(ソチーム長役)、チャンジェホ(イ刑事役)、キムヨンフン(パクシガン役)、キムソンフン(ソンジュンシク役)等実力派の役者が勢揃いした。

この日、台本リーディング現場は手に汗握るストーリーと俳優達の逸品の演技とがひとつになって終始一貫張り詰めた緊張感を紡ぎ出した。キムチョルギュ監督すらも息を殺したまま、俳優達が作り出すテンションとアンサンブルに入り込んだほど。

特に死刑囚の父親を救うために弁護士になった男‘チェドヒョン’役を演じる俳優イジュノは時には冷徹に、時には穏やかさの窺える流麗な演技でキャラクターの魅力を一層引き出した。また、弁論するシーンでは明晰な洞察力が引き立つ演技を繰り広げて彼が描き出す弁護士‘チェドヒョン’に期待が高まった。

片や劇中、5年前の判決を不服とし一人で真実を追う元刑事班長‘ギチュンホ’役のユジェミョンは信じて見る※旬の俳優らしく並外れた吸引力で視線を奪った。更にイジュノとユジェミョンはドラマの序盤に対立する関係である頃、二人が衝突しながら噴き出すエネルギーは現場全ての人々が息を殺すほどだった。

‘ハユリ’役のシンヒョンビンは八色鳥のような演技で視線を集めた。自由奔放な熱血記者として大雑把で豪放、不似合いな容貌を遺憾なく発揮するかと思えば、劇中イジュノの親友として見せてくれるケミストリーも圧巻だった。更にはミステリアスな高スペック事務補助‘チン夫人’役のナムギエは心の内を読むことのできない白々しい演技で興味を存分にそそって、息つく間もなく吹き荒れる展開の中で恵みの雨のような活躍を予告したという裏話。

これに‘자백’側は“5時間にも渡る初リーディングが盛況裏に終わった。時間がどう流れるのかも忘れるくらいに俳優達の集中力のある演技が光った。キムチョルギュ監督もやはり台本で見るより俳優達が直に演技する姿を見るとあちこちに興味深いケミを発見したと伝えた。 視聴者の方々が楽しくご覧になることのできる良いドラマを作るので沢山の期待と関心をお願いします”と伝えた。

一方、‘자백’は来る3月23日夜9時に初放送される予定だ。

헤럴드POP=이미지 기자
popnews@heraldcorp.com

※信じて見る…この俳優が出るなら…この監督が撮るなら…と面白いに違いないと信頼して見られると言うこと。

이준호X유재명 ‘자백’, 첫 대본리딩 현장…명품 장르물 온다 #이준호 #준호 #자백 (출처 : 헤럴드POP | 네이버 TV연예) https://t.co/Gy2RahVNpS

一つだけいいね!するなら公式が引用した↓記事で

‘자백’ 이준호X유재명, 첫 대본리딩…연기대결→팽팽한 긴장감
출처 : 마이데일리 | 네이버 TV연예https://entertain.naver.com/read?oid=117&aid=0003169760

<<前の記事 190201 テギョン Twitter update (2:10)

190127 ジュノ TWO 江南サイン会 fancam ④ 次の記事>>

0

韓国ニュース記事(ジュノ)カテゴリの最新記事